急勾配 (きゅうこうばい) の鉄道線路で列車が滑らないよう、2本のレールの中央に歯車でかみ合う軌条を取り付けた方式。スイスのアプト(R.Abt[1850~1933])が考案。日本では大井川鉄道井川線の一部で採用されている。アプト式鉄道。