• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

「必要なしに多くのものを定立してはならない」という原則。14世紀の哲学者・神学者オッカムが議論で多用し、十分な根拠のない要素を切り捨てたことから、この名で呼ばれる。「ある事柄を説明するために必要以上に多くの仮定を用いるべきではない」「ある現象を説明する理論・法則が複数ある場合、より単純な方がよい」などの意味で用いられる。思考経済の法則。思考節約の原理。科学的単純性の原則。倹約の法則。ケチの原理。