[名・形動]

  1. そのものだけで、まじりけがないこと。他の要素などが混入していないこと。また、そのさま。「言葉どおりの―な意味」

  1. 機能・構造・形式などがこみいっていないこと。また、そのさま。「―な計算ミス」「―な機械」⇔複雑

  1. 考え方やとらえ方が素直であること。とらえ方などが一面的で浅いこと。また、そのさま。「その見方は―すぎる」「彼は意外に―なところがある」「―明快な論理」⇔複雑

  1. 条件・制限などがないこと。また、そのさま。「―に権利を承継する」

[派生]たんじゅんさ[名]

出典:青空文庫