下の者が上の者に打ち勝って権力を手中にすること。南北朝時代から戦国時代、農民が領主に反抗して一揆として蜂起し、また、家臣が主家を滅ぼして守護大名戦国大名になっていった乱世の社会風潮をいう。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉

出典:gooニュース