1. 様態の助動詞「そうだ」の語幹。「この本はおもしろそうね」「雨が降りそう」→そうだ1

  1. 伝聞の助動詞「そうだ」の語幹。「彼も行くそうよ」「今日の試合は中止だそう」→そうだ2

[名]二つで一組みとなるものの、両方。ふたつ。「双の肩」
[接尾]助数詞。一対のものを数えるのに用いる。「屏風 (びょうぶ) 一双」
  1. 左と右。また、かたわら。さゆう。「左右の手」

    1. 「識 (さと) り難くして、―を顧みる」〈今昔・九・二七〉

  1. 左か右に落ち着くこと。決着。また、その成り行き。「吉 (きっ) 左右」

    1. 「軍 (いくさ) の―を待つとみるはひがごとか」〈平治・中〉

  1. 年齢などの数を表す語に付いて、その前後の数であることを示す語。

    1. 「三十―、細作りな美人」〈蘆花黒潮

  1. とやかく言うこと。非難すること。

    1. 「頼長と申すは…人柄も―に及ばぬうへ」〈古活字本保元・上〉

  1. 指図。命令。

    1. 「御所へ申し入れて、その御―に依るべしとて」〈盛衰記・三九〉

  1. あれこれの知らせ。便り。手紙。

    1. 「御―遅しとぞ責めたりける」〈太平記・二一〉

中国の国名。

春秋時代の列国の一。周公旦が、殷 (いん) 紂王 (ちゅうおう) の異母兄、微子啓を封じた国。都は商丘(河南省)。前286年に魏 (ぎ) の三国に滅ぼされた。
南北朝時代南朝最初の王朝。420年、東晋の武将劉裕が建国。都は建康(南京)。479年、8世の順帝が武将蕭道成 (しょうどうせい) (斉の高帝)に帝位を譲って滅びた。劉宋。
後周の節度使、趙匡胤 (ちょうきょういん) が後周のあとを承けて、960年に建国。汴京 (べんけい) を都とし、文治主義による君主独裁制を樹立。1127年、の侵入により江南に移り、都を臨安(杭州)に置いた。それ以前を北宋といい、1279年に9代で軍に滅ぼされるまでを南宋という。→靖康 (せいこう) の変

《「しょう」の直音表記》「せい(姓)1」に同じ。

「帝 (みかど) の御子、三春といふ―を賜はりて」〈宇津保・藤原の君〉

  1. 根本とするもの。おおもと。

    1. 「好んで超邁 (ちょうまい) を―として」〈漱石吾輩は猫である

  1. 祖先のうちで有徳の人。

おきな。老翁。

「舟に乗りたる―の帽子したるが」〈宇治拾遺・六〉

天子に申し上げること。また、その文書。「遺令 (いりょう) の奏」

  1. そのものの内面などを表す姿・形・ありさま。「憤怒の相」

  1. 人や物の外面に現れた運勢・吉凶のきざし。人相手相家相など。「水難の相」

  1. 文法で、動詞によって表される動作・作用の性質・あり方とその表現のしかたに関する範疇 (はんちゅう) 。受身可能自発使役、また、自動他動敬譲など。態。

  1. ある物質の、どの部分をとってもその物理的、化学的性質が等しく、他と区別される領域。気体液体固体それぞれからなる相を気相・液相・固相という。

[名]
  1. 下書き。草稿。「草を起こす」

  1. 草書」の略。「楷 (かい) 、行 (ぎょう) 、草」

  1. 草仮名 (そうがな) 」の略。「草の手」

  1. 立花生花 (せいか) 役枝 (やくえだ) の一。構成上、全体を支える枝。地にあたるもの。

[接尾]壮 (そう) 
  1. 役所の中の部屋。

    1. 「退きて―に至る」〈今昔・九・三一〉

  1. 仲間。また、一族。

    1. 「後の―たらんものに伝へよ」〈読・弓張月・残〉

しょう(笙)」に同じ。

「声いとおもしろく、―の笛吹きなどするを」〈・賢木〉

も(喪)」に同じ。

「親の―にあひて侍りける法師のもとに」〈拾遺・雑秋・詞書〉

室町時代、農村の自治組織。名主の中から選ばれた乙名 (おとな) 年寄沙汰人 (さたにん) などを中心に、寄合によって掟 (おきて) を定め、入会地 (いりあいち) ・灌漑 (かんがい) 用水などの共同管理や年貢納入の請け負いを行った。惣村 (そうそん) 。惣中。

まばらに降る雨。

「颯々たる西風に―を吹き来て」〈菊亭香水・世路日記〉

死者をほうむること。葬儀。

「あすは上の町より結構なる―がある」〈咄・露がはなし・五〉

  1. よそおい。「装を凝らす」

  1. 書物の体裁。装丁。「装を新たに再刊する」「フランス装」

  1. (梵)saṃghaの音写「僧伽 (そうぎゃ) 」の略》

    1. ㋐仏道を修行する人の集団。三宝の一。

    2. ㋑仏道を修行する人。比丘 (びく) 。出家。法師。僧侶 (そうりょ) 。

  1. ある宗教に属し、修行や伝道をする人。「カトリック僧」

  1. 考え。思い。また、芸術作品などの構想。「想をめぐらす」「作品の想を練る」

  1. (梵)saṁjñāの訳》仏語。五蘊 (ごうん) の一。対象の姿を心の中に思い浮かべる表象作用。

[名]
  1. 積み重なっているもの。重なり。「層をなす」

  1. 地位・身分・職業や生活状態・意識などによって区分した集団。階層。「国民の幅広い層に支持される」「ファンの層が厚い」

  1. 地層を区分するときの単位。累層。

[接尾]助数詞。建造物などの重なりを数えるのに用いる。「三層の塔」

弦楽器の一。長さ180センチ前後の中空の胴の上に絹製の弦を13本張り、柱 (じ) で音階を調節し、右手の指にはめた爪 (つめ) で演奏する。奈良時代に中国から伝来。雅楽用の楽箏 (がくそう) のほか、箏曲用の筑紫箏 (つくしごと) ・俗箏 (ぞくそう) などがある。→琴 (きん) 琴 (こと) 

[名]すべてのもの。全体。
    1. 「大勢の川を渡さん時、―を力にして渡るべし」〈盛衰記・三五〉

[接頭]名詞に付いて、全部の、すべての、という意を表す。「総収入」「総トン数」

琵琶 (びわ) の胴。

みさお。節操。貞操。

「謹て―を全うし」〈織田訳・花柳春話

古代中国で用いた土製などの蒸し器。湯を沸かす鬲 (れき) と合わせて甗 (げん) とする。こしき。

中国文学で、韻文の一体。屈原の「離騒」に由来する名称で、社会や政治に対する憂憤を述べたもの。騒体。楚辞体。

[動ワ五(ハ四)]

  1. 長く続いているものに、離れないように付き従う。何かに並行した形で続いている。「流れに―・ってくだる」「道路に―・ってケヤキが植えてある」

  1. (「添う」「副う」とも書く)方針や基準となるものに従い、それから離れないようにして何かを行う。「要求に―・った回答」

[動特活]《動詞「そうろ(候)う」の音変化。中世語》
  1. あり」の丁寧語。あります。ございます。

    1. 「舜の時はさはさうなんだ」〈史記抄・一一〉

  1. 補助動詞として丁寧の意を添えるのに用いられる。…ます。…あります。

    1. 「腹帯 (はるび) ののびてみえさうぞ」〈平家・九〉

    2. 「さてこそ第一は理、第二は智ではさうへ」〈西福寺本人天眼目抄・上〉
[補説](1) 活用形は、未然形・連用形・終止形・連体形が「さう」、已然形・命令形が「さうへ」。なお、命令形相当のものに「そひ」「そへ」もある。(2) 歴史的仮名遣いは「さふ」とも。

《「沿う」と同語源》

[動ワ五(ハ四)]
  1. そばを離れずにいる。ぴったりつく。「影の形に―・うようにいつも一緒にいる」「病人に―・って歩く」

  1. 夫婦になる。連れそう。「二人を―・わせてやりたい」

  1. 親しく交際する。「人には―・うてみよ、馬には乗ってみよ」

  1. 目的どおりになる。かなうようにする。「御希望には―・いかねます」

  1. すでにあるものの上に、他のものが加わる。付け加わる。「さらに趣が―・う」

[可能]そえる
[動ハ下二]そえる」の文語形。
[名・形動]
  1. 意気が盛んで勇ましいこと。また、そのさま。「その志を壮とする」

  1. 30歳前後の血気盛んな年ごろ。また、その年ごろの男性。「壮にして大家の貌がある」

[接尾](「草」とも書く)助数詞。灸をすえる回数を数えるのに用いる。
    1. 「此の日の灸、肩腎并せて曲池に百五十―」〈蔗軒日録〉

《「さ(然)」の音変化》

[副]
  1. そのように。「私も然う思う」

  1. (あとに打消しの語を伴って)それほど。そんなに。「然う大きくない」

[感]
  1. 相手の言うことに肯定・同意するときに用いる語。「然う、そのとおり」

  1. 相手の言葉に対する問い返しや、半信半疑の気持ちを表すときに用いる語。「あら、然う」「然う、信じられないな」

  1. 過去の出来事を思い出すときなどに用いる語。「然う、あれは去年の夏のことだ」

[接尾]アパート・旅館などの名に付けていう語。「日の出荘」「臨海荘」
[接尾]助数詞。比較的小さい船を数えるのに用いる。「屋形船一艘」

ぞう

surface acoustic wave》⇒弾性表面波

中国、春秋時代の小国。前487年、に滅ぼされた。

出典:青空文庫