1. 花や枝などを花瓶に立てて生けること。たてばな。

  1. 生け花の型の一。江戸前期に2世池坊専好 (いけのぼうせんこう) が大成した最初の生け花様式。真とよばれる役枝を中央に立て、それに副 (そえ) ・請 (うけ) などとよばれる七つの役枝(七つ道具という。のちに九つ道具となる)をあしらって全体として自然の様相をかたどったもの。現在、池坊に伝承されている。たてばな。→七つ道具

出典:青空文庫

出典:gooニュース