• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

立花北枝の解説 - 小学館 大辞泉

[?~1718]江戸中期の俳人。蕉門十哲の一人。加賀の人。別号、鳥翠台・寿夭軒。通称、研屋 (とぎや) 源四郎。「奥の細道」行脚の途次の芭蕉に入門。編著「山中問答」「卯辰 (うたつ) 集」など。