屈原の解説 - 小学館 大辞泉

[前340ころ~前278ころ]中国、戦国時代の楚 (そ) の政治家・詩人。名は平。原は字 (あざな) 。楚の王族に生まれ、懐王に仕え内政・外交に活躍したが、讒言 (ざんげん) により次の頃襄 (けいじょう) 王の時に追放され、放浪の果てに、汨羅 (べきら) に身を投じたという。「楚辞」に約20編の詩がある。代表作「離騒」「九歌」「天問」「九章」など。

出典:青空文庫

[文学/外国の作家・文学者]カテゴリの言葉