• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

山上宗二の解説 - 小学館 大辞泉

[1544~1590]安土桃山時代の茶人。の人。薩摩屋と号する商人で、千利休に茶を学び、豊臣秀吉に仕えた。のちに放逐され、諸国流浪ののち小田原の陣で再び秀吉と対面したが、不興をかい処刑されたと伝える。茶の湯秘伝書「山上宗二記」は茶道史の基本史料。