書体の一。古くは、篆隷 (てんれい) を簡略にしたもの。後代には、行書 (ぎょうしょ) をさらに崩して点画を略し、曲線を多くしたもの。そう。そうがき。

出典:青空文庫