徳冨蘆花の小説。明治36年(1903)刊。藩閥政治に反抗する旧幕臣を主人公に、当時の上流社会の腐敗と堕落とを描く。未完。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース