《貴人・敬うべき人のための「とぎ」の意》

  1. 夜のつれづれを慰めるために話し相手となること。また、その人。「若君のお伽をする」

  1. 寝所に侍ること。また、その人。侍妾。

  1. 御伽話」の略。「お伽の国」

  1. 御伽小姓 (こしょう) 」の略。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉

出典:青空文庫