《封土を分けて諸侯を建てるの意》天子・皇帝・国王などが、直轄領以外の土地を諸侯に分け与え、領有・統治させること。また、そのような制度。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉

[社会/社会関係の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫