1. ひと筋。1本。「一条の光」「一条の活路を見いだす」

  1. 箇条書きのひとくだり。文章の中の一節。一条項。「一条の注意書き」

  1. ある一つの事柄。一つの事件。一件。「話題がその一条に及ぶ」

    1. 「巧に件の不都合をば掩 (おお) い得る由ありとするも、別に―の不便利あり」〈逍遥小説神髄

  1. 同じ筋道。同じ道理。

    1. 「可、不可は―なり」〈徒然・三八〉

平安京条坊の一。また、東西に通じる大路の名。一条大路。

五摂家の一。鎌倉初期、九条道家の三男実経が京都一条に住んだのに始まる。

出典:gooニュース

出典:青空文庫