• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 町の道すじ。まちすじ。

  1. 古代、都城の市街区画。平城京平安京においては、朱雀 (すざく) 大路によって左京右京に分け、南北に走る大路によりそれぞれを四坊に、東西に走る大路により九条に分け、碁盤の目のように区画した。