[名]
  1. 古い時代。大昔。いにしえ。「古代の物語」

  1. 歴史の時代区分の一。原始時代中世との間。日本史では、一般に奈良時代平安時代をさすが、大和政権時代を含むこともある。世界史では、原始社会のあと、封建社会の成立までの時代をいう。

[名・形動ナリ]
  1. 古めかしいこと。また、そのさま。古風。昔風。

    1. 「―なる人ありて、なほ、とかしこまりて書かすれば」〈かげろふ・上〉

  1. 年寄りじみていること。また、そのさま。

    1. 「其の比ほひまでは人の心も―なりけるに」〈今昔・二九・一二〉

[世界史/先史時代・その他の世界史の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース