[名]
  1. 一つのからだ。また、同一のからだのようになっていること。同体。「―を成す」「夫婦は―」「三位 (さんみ) ―」

  1. 一つにまとまっていること。「クラスが―となる」

  1. 一つの体裁 (ていさい) ・様式。「書の―」

  1. 仏像・彫像などの一つ。「菩薩像―」

  1. (多く「一体に」の形で副詞的に用いて)全体にならしていうさま。総じて。概して。「―に今年は雪が多い」「日本人は―に表情に乏しい」

[副]
  1. 強い疑問や、とがめる意を表す。そもそも。「―君は何者だ」

  1. もともと。元来。

    1. 「―生徒が全然悪いです」〈漱石坊っちゃん

出典:gooニュース

出典:青空文庫