• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

紂の解説 - 小学館 大辞泉

古代中国の殷 (いん) 王朝最後の王。名は辛 (しん) 。妲己 (だっき) を溺愛 (できあい) し、酒色にふけって政治を乱し、忠臣の比干 (ひかん) を殺すなど、暴虐の限りを尽くして武王に滅ぼされた。古来、夏 (か) 桀 (けつ) 王とともに暴君の代表とされる。殷紂。紂王。

[世界史/世界史の人物]カテゴリの言葉