• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 負荷のかけ過ぎ。また、荷物の積み過ぎ。

  1. コンピューターのプログラミングにおいて、同名の関数や演算子を多重定義して用いること。具体的には引数の型や数が異なる定義を同名の関数に対して行うことを意味する。