• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ベルギー中央部、フラムスブラバント州の都市。15世紀末から18世紀末にかけてオラニエナッサウ家によって治められ、16世紀にオラニエ公ウィレムを輩出した。ベギン会修道院があり、1998年に「フランドル地方のベギン会修道院群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。