[名](スル)
  1. 打つこと。たたくこと。強くなぐりつけることにも、軽くこつんと打つことにもいう。「ノックダウン」「ノック式ボールペン」

  1. 訪問や入室を知らせる合図に、戸を軽くたたくこと。「扉をノックする」

  1. 野球で、守備練習のため、野手に向けてボールを打つこと。「シートノック」

  1. ノッキング」に同じ。「ノック音」

アイルランド西部、メイヨー州の村。1879年、村の教会に聖母マリアと夫ヨセフ、使徒ヨハネが降臨したという「ノックの奇跡」の地。毎年100万人ものカトリック教徒が訪れるヨーロッパ屈指の巡礼地として知られる。

出典:gooニュース