[名](スル)
  1. 部屋にはいること。「かぎを開けて―する」「―禁止」⇔退室

  1. 研究室などの一員となること。「助手として―する」

  1. 《「論語」先進から》学芸の道の奥義に到達すること。

  1. 仏語。師の室に入り、道を問うこと。また、師から法を相続すること。にっしつ。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉