• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Palazzo Reale di Torino》イタリア北西部、ピエモンテ州の都市トリノにある宮殿。カステッロ広場に面する。16世紀末に、トリノの都市計画を進めたアスカニオ=ビトッツィの設計により建設が始まり、17世紀半ばにカルロ=モレッロにより完成した。19世紀までサボイア公国の王宮がおかれた。現在は、12世紀から18世紀までの武具を展示する博物館がある。1997年、「サボイア王家の王宮群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。パラッツォレアーレ‐ディ‐トリノ。