• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ペプチド抗原として用いるワクチン。癌 (がん) ペプチドワクチンは、癌細胞に特異的に存在するたんぱく質の断片(ペプチド)を人工的に合成したもので、これを投与することによって、リンパ球などの免疫細胞を活性化させ、癌に対する免疫力を高める効果が期待される。

[医学/医学の言葉]カテゴリの言葉