1. 《牝牛の意のラテン語に由来し、牛痘の意》生体に免疫をつくらせて感染症を予防するために用いられる抗原。病原体あるいは細菌毒素の毒性を弱めるか失わせるかし、抗原性だけ残したもの。不活化または死菌ワクチン生ワクチントキソイドなどがある。ジェンナー痘瘡 (とうそう) の予防に牛痘を用いたことに始まる。

  1. ワクチンプログラム」「ワクチンソフト」の略。

出典:青空文庫

出典:gooニュース