1. 一つの口。同じ口。また、一人の人。いっく。

  1. 刀剣や口のあいている器物の一つ。

    1. 「蝋塗の晃 (きら) めく―の短刀なり」〈紅葉金色夜叉

  1. 同じように口をそろえて言うこと。

    1. 「お家の柱をかぶりくらふ佞人 (ねいじん) と、此の和田兵衛を―の、御挨拶こそ心外なれ」〈浄・源頼家源実朝鎌倉三代記

  1. ひとくち。

    1. 「―の食」〈地蔵菩薩霊験記・五〉

出典:gooニュース

出典:青空文庫