[名](スル)ちょっと振り返って見ること。ちょっと心にとめてみること。一考。「一顧だにしない」
  • 「好事家 (こうずか) が偶 (たまたま) ―するに過ぎないから」〈鴎外渋江抽斎