• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「した」は心の意》心の中で恋い慕うこと。ひそかに恋しく思うこと。

「―に思ひうらぶれ門に立ち」〈・三九七八〉