• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動ラ下二]《「した」は心の意》心中ひそかに恋い慕って思い悩む。
  • 「あしひきの山田もる庵におく蚊火の―・れつつわが恋ふらくは」〈新古今・恋一〉