• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鎌倉初期の勅撰和歌集八代集の第八。20巻。後鳥羽院の院宣により、源通具 (みなもとのみちとも) ・藤原有家・藤原定家藤原家隆藤原雅経が撰し、元久2年(1205)成立。仮名序真名序があり、歌数約2000首。代表歌人は西行慈円藤原良経藤原俊成藤原定家式子内親王寂蓮など。歌風は新古今調といわれ、万葉調古今調と並び称される。新古今集。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉