夜間の警護・照明や漁猟などのためにたく火。かがり。
源氏物語第27巻の巻名。光源氏が、玉鬘 (たまかずら) のもとで篝火をたかせ、夕霧柏木との合奏を楽しむ。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉

出典:青空文庫