[名]
  1. 古代の装飾品の一。多くの玉を糸に通した髪飾り。

    1. 「押木の―を持たしめて」〈・下〉

  1. かつら・かもじの美称。

    1. 「あれを見よしらが女の―」〈誹諧連歌抄・恋〉

[枕]玉鬘を頭にかけるところから、「懸く」またその「かけ」の類音「影」にかかる。
    1. 「―かけぬ時なく恋ふれども」〈・二九九四〉

    2. 「―影に見えつつ忘らえぬかも」〈・一四九〉
源氏物語第22巻の巻名。光源氏、34歳から35歳。成人して筑紫から上京した玉鬘が、源氏の養女となるいきさつを描く。
の女主人公の名。頭中将 (とうのちゅうじょう) の娘。母は夕顔。筑紫から上京し、源氏に養われ、貴公子たちに懸想されるが、鬚黒 (ひげくろ) 大将の妻となる。
(「玉葛」とも書く)謡曲。四番目物金春禅竹 (こんぱるぜんちく) 作。源氏物語に取材。玉鬘の霊が死後も晴れぬ妄執を打ち明ける。