• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

新古今和歌集にみられる特徴的な歌のよみぶりや歌の調子。一般的には、情調的な諸要素が複合した、絵画的、物語的、象徴的な歌風で、余情・妖艶 (ようえん) を尊ぶ。格調は韻律的で、初句切れ三句切れ本歌取り体言止めが多い。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉