[動サ変][文]かう・ず[サ変]
  1. 講義をする。「近代経済学を―・ずる」

  1. 問題を解決するために、考えをめぐらして適当な方法をとる。「策を―・ずる」「最善の処置を―・ずる」

  1. 相手と和解する。「和を―・ずる」

  1. 詩や歌の会で、作品を詠み上げる。披講する。

    1. 「文など―・ずるにも」〈・花宴〉

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

出典:青空文庫