藤原家隆の解説 - 小学館 大辞泉

[1158~1237]平安末期・鎌倉前期の歌人。名は「かりゅう」とも。寂蓮の養子。藤原俊成に学び、「新古今和歌集」撰者の一人となり、藤原定家と並び称された。家集に「壬二 (みに) 集」がある。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉