• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

藤原実頼の解説 - 小学館 大辞泉

[900~970]平安中期の公卿。忠平の子。小野宮殿と称された。円融天皇の摂政に就任。有職 (ゆうそく) 故実に詳しく、小野宮流の始祖。著に有職故実書「小野宮故実旧例」、歌集「清慎公集」。日記「水心記」があったが散逸。