• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

藤原道長の解説 - 小学館 大辞泉

[966~1028]平安中期の公卿。兼家の五男。娘を次々と后に立て、外戚となって内覧摂政太政大臣を歴任、権勢を振るい、栄華をきわめた。晩年に出家し、法成寺を造営。関白になった事実はないが御堂関白 (みどうかんぱく) と称された。日記「御堂関白記」がある。