藤原忠平の解説 - 小学館 大辞泉

[880~949]平安中期の公卿。基経の子。諡号 (しごう) 、貞信公。兄時平の死後、摂政、のちに太政大臣・関白となる。時平の遺業「延喜格式」を完成。日記「貞信公記」がある。