• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

藤原惺窩の解説 - 小学館 大辞泉

[1561~1619]安土桃山・江戸初期の儒学者。播磨 (はりま) の人。冷泉 (れいぜい) 家の出身。名は粛。字 (あざな) は斂夫。初め相国寺に入ったが、のち還俗 (げんぞく) 。朱子学を究め、門人から林羅山松永尺五らを輩出した。著「四書五経倭訓」「惺窩文集」など。