• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

松永尺五の解説 - 小学館 大辞泉

[1592~1657]江戸初期の儒学者。京都の人。貞徳の子。名は昌三。字 (あざな) は遐年 (かねん) 。藤原惺窩 (ふじわらせいか) の高弟。京都に講習堂を開き、門下から木下順庵貝原益軒らを出した。著「彝倫 (いりん) 抄」「四書事文実録」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉