• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

松永貞徳の解説 - 小学館 大辞泉

[1571~1654]江戸初期の俳人・歌人・歌学者。京都の人。尺五 (せきご) の父。名は勝熊。別号、長頭丸 (ちょうずまる) ・逍遊軒など。和歌を細川幽斎に、連歌を里村紹巴 (さとむらじょうは) に学ぶ。貞門俳諧の祖。門下から北村季吟らを輩出。歌集「逍遊愚抄」、俳諧式目書「御傘 (ごさん) 」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉