• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

里村紹巴の解説 - 小学館 大辞泉

[1525ころ~1602]室町末期の連歌師。大和の人。本姓、松井氏か。号、宝珠庵・臨江斎。周桂・里村昌休に師事し、連歌の第一人者となった。織田信長豊臣秀吉らとも交渉があり、明智光秀の「愛宕 (あたご) 百韻」に参加。著「連歌至宝抄」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉