藤原忠文の解説 - 小学館 大辞泉

[873~947]平安中期の公卿。民部卿。平将門の乱では征東大将軍、藤原純友の乱では征西大将軍に任ぜられたが、その功に恩賞が与えられなかったのは藤原実頼の反対のためと恨み、死後も実頼の子女に祟 (たた) ったといわれ、悪霊民部卿の異名がある。