• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平将門の解説 - 小学館 大辞泉

[?~940]平安中期の武将。高望 (たかもち) の孫。下総 (しもうさ) を本拠として土着豪族の伝統的勢力を継承、伯父国香を殺し、関東の最強豪族となった。下総猿島 (さしま) に王城を営み、文武百官を置いて新皇と称したが、平貞盛藤原秀郷 (ふじわらのひでさと) に攻められて敗死。
海音寺潮五郎の長編歴史小説。昭和29年(1954)から経済産業新聞に連載されたものが初出。単行本は、第一部「帰去来の巻」が昭和30年(1955)、第二部「乱離の巻」が昭和32年(1957)刊行。戦前・戦中の皇国史観により、逆臣として不当に評価されてきた平将門の歴史的位置づけを正そうとした作品。
真山青果の戯曲。大正14年(1925)、雑誌「中央公論」1月号に掲載。昭和2年(1927)2月、井上正夫らが本郷座にて初演。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉