• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

真山青果の解説 - 小学館 大辞泉

[1878~1948]劇作家・小説家。宮城の生まれ。本名、彬 (あきら) 。小栗風葉に師事し、自然主義作家として出発、のち劇作に転じ、多くの戯曲を発表。また、西鶴馬琴などの考証にもすぐれた業績を残した。小説「南小泉村」、戯曲「玄朴と長英」「平将門」「元禄忠臣蔵」など。

真山青果の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
宮城県仙台市裏五番町三番地
生年月日
1878年9月1日 おとめ座
没年月日
1948年3月25日(享年69歳)
別表記
真山彬

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

[演劇・映画/演劇人・映画人]カテゴリの言葉