• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

真山青果の小説。自身の農村での代診医としての経験をもとに書いた農民小説。雑誌「新潮」明治40年(1907)5月号に発表。同作を表題作とする、連作短編小説集は明治42年(1909)刊。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉