• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

藤原基経の解説 - 小学館 大辞泉

[836~891]平安前期の公卿。諡号 (しごう) 、昭宣公。通称、堀河太政大臣。叔父良房の養子となり、応天門の変伴善男を失脚させ、また、光孝宇多両天皇を擁立して最初の関白となり、娘温子を女御とするなど、藤原北家の権力を固めた。「文徳実録」を撰進。→阿衡 (あこう) 事件

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉