• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

宇多天皇の解説 - 小学館 大辞泉

[867~931]第59代天皇。在位887~897。光孝天皇の第7皇子。名は定省 (さだみ) 。菅原道真を登用し、藤原氏を抑えて政治の刷新を図った。その治世を後世、寛平 (かんぴょう) の治という。譲位の時にその子醍醐天皇に与えた「寛平御遺誡 (ごゆいかい) 」が有名。日記に「宇多天皇御記」がある。亭子院 (ていじのいん) のみかど。寛平法皇。