藤原実定の解説 - 小学館 大辞泉

[1139~1192]平安末期の公卿・歌人。左大臣。家集「林下集」、日記「庭槐抄」など。後徳大寺 (ごとくだいじ) 実定。