藤原良経の解説 - 小学館 大辞泉

[1169~1206]鎌倉初期の公卿・歌人・書家。九条兼実の子。摂政・従一位太政大臣となり、後京極殿と称される。歌を俊成に学び、定家の後援者でもあった。書では後京極流の祖。家集「秋篠月清 (あきしのげっせい) 集」。九条良経。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉